オラクル化粧品 口コミ

肌の老化は紫外線を浴びた量できまる

肌の老化は加齢と紫外線を浴びた量で決まると言われています。
40代50代の人は、若いころ美白なんて関係ない!真っ黒にっ日焼けする事が流行した時代
その若かりし頃に真っ黒に日焼けした人は
シミやシワなど肌が老化しやすい環境にあります。

 

紫外線はその年に浴びた量、その日に浴びた紫外線の量ではなく
生まれてからずっと浴びた紫外線の量が肌細胞の中に蓄積されていきます。

 

だから、紫外線はこれからもズーと予防し続けなければいけません。ただ、貯金箱がいっぱいになるように紫外線を受け続けた肌がダメージを受け、結果紫外線の量がオーバーした時に肌がシミやシワになってしまいます。

 

昔は日焼けをする事でビタミンDが活性化され骨を強くするので、夏は日焼けする方がいいと言われましたが、オゾン層の破壊によって紫外線の量や質も多様化され、普段の生活で予防しきれない紫外線も増えています。

 

ですから、わざわざ日光浴などで紫外線を浴びなくてもビタミンD活性化は普段の生活で充分な紫外線量を受けています。

 

紫外線にはこのビタミンDの活性化だけが唯一評価されるところでそのほかは、人体によい事は何もありません。極力紫外線を浴びない事が綺麗な肌を維持するポイントです